航空サービス学科

(n/840/4/0031)(05/21)(pa7012)

航空サービス学科の課程の仕組みは、学生が知識を包括的に学ぶことができるように特別に作られています。学生は専攻書籍と講義室での理論、評価(中間考査、発表、課題を含む)及び期末考査を通じて知識を習得することができます

航空サービス学科の課程の仕組みは、学生が知識を包括的に学ぶことができるように特別に作られています。学生は専攻書籍と講義室での理論、評価(中間考査、発表、課題を含む)及び期末考査を通じて知識を習得することができます

航空サービスの知識

学生の核心科目は航空サービスの知識に集中されます。 テーマ構造は航空産業のニーズに応じて設計されます。 学生はハード技術とソフト技術をすべて学ぶことができます。

  • Professional Grooming & Etiquette

  • In-Flight Service and Catering

  • Introduction to the Airline Industry

  • Safety and Emergency Procedure

言語学習

グローバル時代の多国語能力は、顧客サービス産業において大きなメリットとなります。従って学生は航空サービス科で、英語、中国語、韓国語及びマレー語を学ぶ機会を持ちます。

  • Japanese / Chinese  / Korean for Beginners

  • Japanese / Chinese  / Korean for Service Industry

  • English for Airline Service

  • Academic English

技術訓練

学生は核心課題として航空産業に必要な技術を学ぶことができます。

  • Life Saving Skills

  • Personal Development Skills

Mata Pelajaran Pengajian Umum (MPU)

MPU科目はマレーシア政府によって地域および国際学生を含むすべての3次教育学生に要請されます。 この科目は学生が多文化環境に適応できるように考案されました。

  • Pengajian Malaysia (U1)

  • Bahasa Melayu Komunikasi (U1)

  • Communication Skills (U2)

  • Comparative Religion (U3)

  • Teamwork-Cohesion Development (U4)

  • Bahasa Kebangsaan

インターンシップ・プログラム

インターンシップ教育の目的は、学生が顧客サービス産業の環境を実際に体験することです。 航空サービス学科の学生は、関連産業でインターンシップを4~6ヶ月間履修します。

Academic Pathway-JP.png

In this programme, the students need to wear the cabin crew uniform during the lessons.

new uniform-01.png